主婦から保育士になるには

MENU

主婦で資格が取りたい方にお勧めの一つが保育士!

主婦から資格欲しい!

主婦で社会復帰する時に「資格をとろう!」と思ったらどんな資格を思い浮かべますか?

子育てを通して

  • 子どもって良いな
  • 子どもは可愛い!
  • 子育て経験を仕事に活かせないかな

などと思った方もいるはず。

 

そんな方に最適な資格は「保育士」

 

近年では保育士不足はきわめて深刻で、国も急ピッチで保育士の養成と保育所作りを進めています。

 

ここでは主婦から保育士になるには、どーしたら良いか書いていきたいと思います!

 

主婦が保育士になるには!資格目指す為の3つの方法

主婦が保育士になるには!

主婦が保育士取得を目指すのに主に3つの方法があります

  1. 専門学校、短大、大学などで学んで卒業と同時に取得
  2. 独学で学んで国家試験に合格して資格取得
  3. 通信講座などを利用して勉強し国家試験に合格して取得

専門学校など通学でなるには

専門学校など通学の場合

学校のカリキュラムですべての科目を網羅してあるので、そこできちんと学んで単位取得すれば卒業と同時に資格も取得できます。

 

しかし費用&期間がかなりかかるので、主婦の方だとあまり向かない方法となります。

 

独学で勉強して保育士になるには

独学で勉強して保育士になるには

挫折しないように自分で計画的に勉強していく必要があります。

テキスト代で済むので費用はかなり安く済みますが、かなりハードな道のり

勉強してわからない所があれば自力で学び、漏れのないようにやっていかなくてはなりません。

 

通信講座で勉強していく方法(※推奨)

通信講座で勉強していく方法

勉強もれがないように通信講座などを使って保育士になる方法

 

全ての科目を網羅していて、試験に出るところや大事なところが効率よく学べます。

 

教材が送られてくるだけではなく、質問できたりバックアップのシステムがありますから安心して受講できます。

  1. 専門学校や大学よりも学費よりかなり抑えられますし
  2. それほど時間がない、子供がいるので通学は不可能
  3. マイペースに勉強したいという

主婦の方には一番おすすめの資格取得の方法となります。

 

一番最初は講座を見てみる!一括資料請求で比較

通信講座も特徴が色々あります。

  • 問題集のボリューム
  • かかる費用・期間
  • バックアップシステムの様式
  • アフターフォローの充実

それぞれ特色を持ってます。自分に合っているもの、納得のできるものを選ぶと良いと思います。

 

講座を一括資料請求できますので、ネットで情報収集をしましょう。

便利なのがブラッシュUP学び

保育士資格の資料請求

 

通信講座のメリットは多く

  1. やる気次第では最短3か月で資格取得
  2. マイペースにやりたい方は週に一回、二時間という具合でも学べる
  3. 合格率が高い

などとなっています。様々な通信講座がありますので、最初は無料でカタログを資料請求すると自分に合う講座を見つける事ができますよ!

 

主婦から保育士になるには

保育士講座の資料請求

 

 

主婦が保育士を目指す事で子育てにも役立つ

 

保育士の資格取得のための勉強は多岐にわたります。

  • 福祉系の法律の勉強
  • 子どもの発達
  • 心理学
  • 栄養学
  • 保健

などやりはじめるとその量の多さにびっくりするかもしれません。

 

でも保育士になるための勉強は、実は自分の子育てにも活かせるというメリットがあるのです。


子どもの発達の道筋を改めてきちんと知っておくことは子育てするうえでも参考になりますね。色々な保護者や子どもと接すると視野が広がることも。

 

自分のかかわり方をいつもより良いものに努める事で、子育てのスキルも自然とアップ

 

正社員も保育士資格があれば主婦でも行けます!

資格取得で正社員にも!

主婦が資格をとっても所詮パートしか仕事がないのではという不安の声もよく聞きます。

しかし保育士は30代・40代からでも正規職員になれる仕事

新設園などでは新しく雇う保育士全員が20代というわけにもいきません。まして新卒ばかり何十人もというようでは、保護者からの信頼も得られません。

保護者と同じくらいかそれより上の年代の先生も必要

同じ保育士でも子育て経験のある人とない人では実際に動くときにできる気遣いも違うでしょう。

 

実際に保育園には子育てが終わってから正規職員として働きたいとやってくる主婦が多いですし、園のほうもそのような人を求めています。

一度資格をとれば生涯有効なので

最初はパートから始めてゆくゆくは正規職員に!という方にも最適

  • 定年までしっかり働きたい人は、資格取得というハードルを乗り越えてでも取るだけの価値が充分にあります。

 

保育士不足なのでパート・バイト求人も多数

保育士不足なのでパート・バイト求人も多数

逆に家庭を大事にしたいから正職員としてではなく、パートで働きたい人にも保育士はおすすめ

保育園の職員の多くはパートで賄っている

職員全員を正規職員として採用すると経費がかさんでしまうので、忙しい時間帯や朝晩の延長保育の担当はパートでやりくりしている園がたくさんあります。

 

保育園は朝早くから夜遅くまで乳児も預かるのでパートの先生の力は大きいのです。

例えば

  1. 午前中、子供が学校に行っている間だけ働きたい
  2. 昼間は家事や習い事で自分磨き。朝晩だけ働きたい
  3. 週に三日だけ働いて他の日は家事などしっかりやりたい

など自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが魅力

 

国も保育士に関し力を入れてる今がチャンス

保育士の給与

保育士の給与が他業種と比べて安すぎることが大きな問題となっています。

 

保育士は「給与が安くても仕方がない」というような所がありました。

待遇は良くないけれども、仕事にやりがいがある、すべては子供たちのために…という情熱を持った保育士も多いため、国も自治体もその待遇の改善には立ち上がらずにいました。

しかし昨今保育園不足が深刻化

このままだと女性が働けない事態の為、国もその重い腰をようやく上げたという所です。

 

2018年度からは保育士の給与に一人2万円が国からおりることになっています。

 

自治体によってはさらにプラスされるところもあるようです。こちらは市町村、区によって違いますが、少しずつ待遇が改善される動きが見えてきました。

主婦の方がこれから保育士になろうという方はチャンス

主婦の方がこれから保育士になろうという方はチャンス

そういった待遇面でも良くなってきているところに就職できるのでタイミング良い

 

せっかく頑張ってとった資格なのだから、一生懸命仕事をして給与の面で認めてもらえたらこんなに嬉しいことはありません。

 

未経験の主婦でも保育士資格があれば強い

保育士の仕事は資格がなければまず採用が難しい

保育補助としてなら採用の間口がありますが、保育士でないとできない仕事がありますので、無資格者は保育士への応募ができません。

  • 資格をとりあえず取れる時にとってしまって、働ける環境が整ったら将来的に就職する、ということでも大丈夫
資格取得のための勉強は案外時間がかかるもの

「やろう」と強い気持ちを持っているときにやらないと結構しんどいものです。

 

一歳でも若いうちに資格はとってしまって、その後就職するタイミングは自分次第です。

 

今すぐに働くことができない人も、思いあったら吉日で資格だけは早めにとると良いでしょう。

 

主婦から保育士になるには

保育士講座の資料請求

 

主婦から保育士資格をとった方の口コミ

主婦から一転保育士に

子どもの手が離れてそろそろ仕事をしたいなと思ったとき、何も資格を持っていなかったことに気が付いたのです。

 

新卒のときはそれでも就職できましたが、かれこれ10年社会にでていないわけですから、自分を売り込むものがなければ職につけないと実感したのです。

 

保育士の資格を取ろうと思ったのはやはり子育ての経験を活かして仕事をしたいから。子どもってかわいいしほんの数年で劇的に成長する。それをそばで見守ってきてこれを仕事にしたいと思ったからです。

 

勉強は子供が学校に行っている間と寝た後。何度もくじけそうになりましたが、子供たちも勉強を頑張っているので負けるものかと踏ん張りました。今は近所の保育園でパート保育士として働いていて充実した毎日です。

ネットで主婦からでも保育士資格が取れると知り

子どもが小学校にあがって周りはパートに出はじめました。私も仕事をと思って求人広告を見ると、家の近所の保育園、託児室などたくさん求人が出ています。保育士の仕事は昔あこがれたけれども専門の勉強はしていなくて。

 

無理と思っていたけれども、ネットで主婦からでも資格がとれると読んで、通信講座の資料請求をしました。

 

一年かけて勉強して、試験は二回受けて何とか合格。いざ仕事を探したときも結構保育士は募集していて、いくつか面接にこぎつけ、理想的な職場に就職できました。

働きやすさ抜群

保育士はシフト制だから自分の生活スタイルに合った働き方ができるし、子どもの急な体調不良のときも皆で協力しあって休みがとれます。

 

仕事は大事だけれども、わが子の事も大事なのは当然。家庭と仕事が両立できるのは保育士という仕事柄もあると思います。

 

主婦になってからとろうと思ったので、そこも大事場ポイントでした。子どもがいる人、家庭と仕事を両立させたい人には保育士はおすすめ

 

まとめ

楽しい保育士生活を目指して

保育士は、主婦からでも勉強して国家試験に受かれば資格を取ることができます。

  • 資格取得後は様々な保育園や児童福祉施設で働くことができ、家庭と仕事の良質もしやすい仕事

給与も少し改善されつつありますし、資格を取りたいとお考えの方は保育士がおすすめ

 

主婦から保育士になるには

保育士講座の資料請求