主婦 資格 保育士

MENU

子供が好きなら保育士がおすすめ

子供に関わることができる、保育士の仕事。子供のお世話をするだけと思われがちな保育士がおこなっている仕事内容・やりがいについてご紹介致します。ちょうど保育士に関しての情報収集をされている方や、保育士の資格に興味がある方に、参考にしてもらえると幸いです。

 

基本的な保育士の仕事内容

どの施設で仕事をするかによって、仕事内容に差がある保育士という職業ですが、今回は保育所にいる保育士の仕事内容について述べたいと思います。

 

まず保育所に預けられている子供に、生活習慣を身につけさせます(食事、お昼寝、身支度、トイレトレーニングなど)。まだ離乳食が始まったばかりの子供も大勢いますから、離乳食を進めていくのも業務の一環です。オムツを外すトレーニングについては、保護者と連携して保育士もサポートします。

 

他人のことを考えて行動する社会性を養ったり、色んな遊びを取り入れ、園児の発達を促します。保育所を利用している保護者には、その子その子に沿ったアドバイスをします。保育所ではどんな風に過ごしているかの報告や、出来るようになったことなども報告します。子育てに悩みを抱えている保護者に対しては相談に乗ることもあります。

 

さらに地域と協力して子供達が地域の文化などを知ることができるよう、様々な課外保育をおこないます(これは保育所の方針により、ない場合もあります)。その他にはイベントの計画や、保護者向けのおたより作成などもおこないます。

 

保育士は国家資格です。責任を持って子供を預かり、子供達を正しい方向へ導く指針となれる存在である資質が問われます。ちなみに、勤務時間は不規則となりやすいです。夜間保育をしている保育所で勤務する場合は、夜勤もあると思った方が良いでしょう。また子供達だけでなく保護者と接することも多々ありますから、どんな方とも上手くコミュニケーションを取れるよう配慮することが必要となるでしょう。

 

保育士のやりがい

『卒園する時、子供達が先生と離れたくないって最後まで大泣きしてたのが嬉しくもあり寂しい気持ちになりました。初めて受け持ったクラスの子供達だったから、余計に心にぐっと来るものがありました』
という保育士の声があります。

 

ぐんぐん成長した子供達が卒園する時に、自分と離れたくないと大泣きしてくれる子供の姿を見た瞬間、『ああ、保育士やってて良かった』と思う方が多いようです。
その他にも、子供の成長を一番近いところから見守ってやれることにやりがいと感じるという声も多いです。まさに子供が好きな方へ向けた資格・職業だと言えるでしょう。

 

 

まずは無料の資料請求

保育士 資料請求