主婦 資格 調剤薬局事務

MENU

注目の集まる調剤薬局事務

国が進める『診療は病院で、薬は調剤薬局で』の流れによって、一気に注目されている調剤薬局事務。その仕事内容や、やりがいについてご紹介致します。

 

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務がおこなう仕事内容についてです。

  • 店内の清掃など
    朝から出勤の場合は、清掃業務もおこなうことになります。
  • 受付
    患者から処方せんを受け取ったり、質問されたことに答えたりをします。
  • 会計
    処方せんの会計をおこないます。
  • お薬手帳の発行
    もし、お薬手帳を持っていらっしゃらない患者の場合はお薬手帳の発行を進めます。お薬手帳があれば、その患者がどんな薬を飲んでいるか一発でわかるため、薬の飲み合わせなどについてもお教えすることが可能となります。
  • 患者との会話
    いっけん何気ない会話の中にも、その患者の健康状態を知ることができる発言がちりばめられていたりします。会話している中で、患者の顔色が悪くないか・薬を飲む時ジュースやお茶で飲んだりしていないかなど、色々確認する必要があります。
  • レセプト作成
    公的機関へ請求書を送るための明細書を発行します。
  • レジ締め
    閉店までいる場合は、レジ締めを任されることもあるようです。

などがあります。

 

大きな病院の近くにある調剤薬局は、午前中の診療が終わったくらいの時間から混み合いだし、繁忙しますので昼休憩は皆で交代しながら回します。あまりにも忙しい場合だと、昼時を避けて休憩時間を取ることもあるようです。ちなみに、残業に関してはないというところが多いようですよ。

 

また月末になるとレセプトをまとめて請求しなければならない業務があるため、かなり忙しくなります。公的機関へ送る請求書ですからミスは許されません。もしミスしてしまった場合、多くの関係者に迷惑をかけることになってしまいます。

 

調剤薬局事務のやりがい

調剤薬局事務をやっている中で、笑顔であいさつをしていたところ『ここは自分の家から少し遠いけど、感じが良いからここでお薬をもらっているの』と言われ、調剤薬局事務になって良かったと思った、という声があります。正直、いくら家から近い薬局でも感じが悪かったら行きたくないですよね。

 

薬の効果や飲み合わせなどについて、薬に詳しい薬剤師へすぐ質問できるという環境にあるのも良い点の一つです。

 

仕事をすればするだけ知識も増えていきますから、いざ家族が『この薬もう飲まなくても良いだろう。頭痛いの治ったし』と薬を途中で飲まなくなった時、それは駄目だということをきちんとした理由を添えて説明することができます。

 

 

まずは無料の資料請求

調剤薬局事務 資料請求