主婦 資格 介護職員初任者研修

MENU

新しく出来た介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級に変わる新しい資格である介護職員初任者研修。どんなものなんだろう、と興味を持っている方も多いと思います。
では介護職員初任者研修の仕事内容・やりがいについて、ご紹介致します。

 

ホームヘルパー2級と同等?介護職員初任者研修の仕事内容

介護職員初任者研修の資格を取得した方は、これまであったホームヘルパー2級を取得済みの方とほとんど同じ仕事内容をすることになります。自宅で介護サービスをおこなう場合は、家の中の片付けをおこなったり、利用者の食事の準備をしたり、買い物へ行ったりもします。

 

どの程度のサポートをするかについては利用者やその家族からの要望などによって違ってきますので、どんな場合でも一律一緒のサポートをするわけではありません。利用者に合わせたベストな介護サービスをしなければならないのです。また立ったり歩いたりが困難な利用者に対しては排泄や入浴の手助けもおこないます。大人を一人抱え上げなければならないため、体力も必要です。

 

利用者の生活を支える大切な仕事ですから、軽い気持ちで仕事をおこなうことはできないでしょう。『介護を必要としている方を助けたい』などの強い意志がないと続けることは難しい仕事になります。ただし、その分やりがいはとてもあると思います。最初は口も聞いてくれなかった利用者が、次第に心を開いてくれて色々話してくれるようになった時の喜びはひとしおです。

 

超高齢化社会である日本において、この資格を持つ方はかなり重宝されます。ちなみに働き始めてすぐは先輩のスタッフが一緒に同行してくれるのが慣例と言えます。自宅での介護サービスを提供する以外にも介護施設(老人ホームや高齢者用マンションなど)で働いている方もいらっしゃいます。

 

介護職員初任者研修のやりがい

介護職員初任者研修のやりがいと言えば、なんと言っても困っている方の役に立てることでしょう。介護が必要な方は様々なジレンマを抱えています。本当は自分で動きたいのに動けない、動かない自分の体が恨めしくてたまらない、という思いを抱えている利用者は大勢います。

 

そんな利用者の思いをくみ取り、過剰なサポートをし過ぎることなく利用者の求める最低限のサポートをおこなうことで、利用者が快適に生活できる手助けができるのです。

 

家族ではありませんが、家族により近い位置で利用者のサポートをするため、とても感謝される仕事と言えます。時には辛辣な言葉を浴びせられることもありますが、それでも傍に寄り添ってあげることで、次第に打ち解けて笑顔を見せてくれた時なんて、たまらない喜びを感じることができます。

 

 

まずは無料の資料請求

介護職員初任者研修 資料請求