主婦 資格 介護事務

MENU

将来性の高い介護事務資格

これから需要が高まっていくことが期待される職業・介護事務の仕事内容・やりがいについてご紹介致します。

 

介護事務は、ヘルパー業務と違って体力仕事ではありませんから、年齢に関係なく働くことができます。長期的な仕事を考えているのであれば、取得しておくと良い資格と言えるかもしれません。

 

縁の下の力持ち?介護事務の仕事内容

介護施設では介護を必要とする利用者を直接サポートするヘルパーがいます。介護事務もヘルパーだと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、介護事務はあくまで事務業務をおこなうスタッフを指します。ですから、介護業務に関しては関与しないと思ってもらった方が良いでしょう。

 

そんな介護事務の仕事内容ですが、メインとして介護報酬請求業務があります。介護保険の制度に則り、利用者の負担額の算出と共に、国・地方自治体の負担額も算出します。今の制度では利用者の負担が1割、残りの9割を国・地方自治体が支払うという構造になっていますが、もし制度が改正されれば計算が違ってきます。

 

ちなみに、金額や内訳に関しては介護サービスを受ける地区によって差があります。どの介護サービスを受けたか、何度サービスを受けたかによっても金額が違ってくるため、介護事務はそういったことも考慮した上で請求業務をおこなわなければなりません。

 

介護事務を目指すのであれば

 

正確な計算ができることがまず大前提となります。お金に関わることですから、ミスは信用を損ねるばかりか『あの介護施設に行ったらお金をぼったくられる』などと悪い噂を立てられてしまうことにもなりかねません。

 

受付業務もこなすことになりますし、通常の事務業務もこなす必要が出て来ますから、介護事務は介護施設を支えている大切な礎です。

 

介護事務のやりがい

高齢者だけでなく、一般の方に介護保険の仕組みについて理解を促すのは非常に難しいです。そうは言っても介護施設を利用する方やその家族は『自分達はどうしてこの料金を支払わなければならないのか?』という説明を求めてくることもあります。説明を求められなかったとしても、介護事務として、責任を持って利用者へ介護保険制度の仕組みについてわかりやすくかみ砕いて説明しなければなりません。

 

何度説明しても、首を傾げるばかりだった方が
『なるほど、そういうことか! わかりやすく説明してくれてありがとう』
と納得してくれた上にお礼を言ってもらえた時、介護事務をやっていて良かったという充足感を味わうことができます。

 

また介護報酬請求業務において国保連へ大きな金額をミスなくきっちりと請求できた時に『やり遂げた』という達成感を感じる方もいるようです。

 

 

まずは無料の資料請求

介護事務 資料請求