主婦 資格 20代

MENU

20代の主婦におすすめな資格ランキング

20代の主婦が資格を取得するなら、どんな資格を取るのが有効なのでしょうか?やはり、重要視するのは『勤務時間が選べるか・子供がいても雇ってもらえるか・安定した職か・一生ものの資格か』だと思います。

 

そんな20代主婦に、おすすめの資格ランキングをご紹介致します。

 

医療事務 資格

医療事務の特徴

医療機関へやって来る患者様の対応にカルテなどの管理、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の発行など、事務業務だけでなく経理業務やオペレータ業務などたくさんの仕事内容があります。

患者様とのやり取りもしなければなりませんので、コミュニケーション力も必要となる仕事です。

評価 評価5
備考 医療事務は定着率が非常に良い仕事
医療事務の総評

医療事務自体は資格を持っていなくてもおこなえる業務ではありますが、かなり人気の仕事であるため無資格で挑むには難しいかもしれません。一人の医療事務募集枠に何十人の希望者が殺到することなんてザラにあるのです。

正社員・パート問わず求人がありますので、主婦で子供がいる方でも自分のスタイルに合わせた時間で働くことが可能です。

介護職員初任者研修 資格

介護職員初任者研修の特徴

近年、少子高齢化が進む中でとても重要視されている資格の一つで、職場に関しても多岐にわたります。

個人宅で介護をおこなう場合もあれば、介護施設で生活のサポートをおこなったり、医療機関で医師や看護師からの指示を受けて患者様の搬送や食事のお世話などをおこなったりします。

評価 評価4.5
備考 介護職員として利用者の状態に合わせた介護サービスをおこなうための資格
介護職員初任者研修の総評

これから先、最も需要が高まると思われる資格です。

介護事務 資格

介護事務の特徴

詳しく言うと、介護サービスを受ける場合、国保連が介護サービス料金の9割を負担、残り1割を介護サービスを利用した本人が負担いなければなりません。

その請求に必要となるレセプトを作成するのが介護事務です。

請求金額の計算やレセプト作成などが必要となる仕事ですが、介護関係の資格の中では難易度は易しい方です。勉強しなければならない範囲も狭いと言えるでしょう。

評価 評価4
備考 介護サービスを受けたかによって、利用者が支払う料金は違ってきます。その料金の計算をおこなうのが介護事務
介護事務の総評

主婦の方でも勉強すれば取得できる資格の一つです。

ちなみに、介護の需要は5年前と比較すると約3倍の伸びを見せています。今、介護事務の資格を取っておいて損はないと言えるでしょう。介護関係の求人は途絶えることがないので、その点も安心です。

 

 

>>>主婦の資格ランキング TOP